火災保険の申請方法Insurance

「雨どい修理に火災保険が使える」という話はご存じでしょうか?火災保険という名前から、「火災」にしか適用されないと思ってらっしゃる方も多いと思います。しかしながら、実は火災保険は「台風や雨、雪などの自然災害」を対象にして保険金を受け取ることができるケースが非常に多くあります。特に雨どいは、年に一度の台風や大雨などの自然災害によって破損することが多い部位です。
こちらのページでは雨どい修理の際の、火災保険の申請方法や条件などをご紹介致します!

雨どい修理・交換のタイミングとは?また、修理できるのはどんな場合?

  • 樋の継ぎ目が外れている
  • 樋が破損、あるいは変形してしまっている
  • 金具が外れている
  • 落ち葉等のゴミが溜まっている
上記のような症状が出た場合、修理のタイミングになります。樋が痛む原因は「経年劣化」と「雨風など自然現象による影響」の2種類があります。
雨どいは水を流す役割があるために勾配のついた状態で取り付けてありますが、強風や大雨が原因で破損したりすると、雨水や落ち葉などが溜まってしまったり、雨どいの役割を果たさない状態になってしまいます。

火災保険によって施工できるのはどんな場合?

上記で雨どいが痛む原因として挙げた2点のうち、「経年劣化」については火災歩保険による補償の対象外になります。
特に雪が多く降る地域では、雪の重みで雨どいが反り曲がってしまうこともあります。台風や大雨、雪などの自然災害が原因で雨どいが破損してしまった場合は、火災保険を使用して修理・修繕を行なうことが可能です。
ただし、雨どいの破損が経年劣化によるものなのか、自然災害によるものなのかを調査して判断する必要があります。工務店やリフォーム会社などに相談の上、調査をしてもらうことをおすすめします。

火災保険を申請する際の流れ

①家の損害を確認

「屋根がはがれている」「雨どいが壊れている」「飛来物で壁に穴が空いた」など、住宅の損害がどのような状況なのかを、無理のない範囲でご確認ください。

②家の修理に詳しいリフォーム会社や工務店に連絡

リフォーム会社や工務店に、住宅の損害状況を確認してもらいましょう。
また、保険金の申請の際に必要になるのが被災箇所の状況写真と、修理にかかる費用のお見積りです。業者に「保険会社に申請を行うために見積もりを出してほしい」という旨をお伝えした上で、現地調査を依頼しましょう。
その際に火災保険の証券も見てもらい、施工にどれぐらいの料金がかかるか等のお打ち合わせをします。

③火災保険の証券を確認し、保険会社に連絡

保険会社に家の状況を伝えて、必要書類を送付してもらいましょう。

④保険会社による被害状況の確認

保険会社の調査員が現場の状況を見に来るので、実際に被災した箇所を見せてご説明ください。調査員によって被災が確認されたら、保険金が振り込まれます。
被災から日にちが経っている場合だと経年劣化と判断されかねないので、しっかりと伝えましょう。

※直接確認と写真での確認は被害状況や時期によって変わってきます。

⑤保険金の入金・修理工事の開始

保険会社の申請書類や写真、見積もり等から保険金額が決定し、保険契約者に入金され、修理工事の開始となります。

火災保険を使用する際に注意!

※火災保険を使用して施工を行う際に、業者から「全部ウチで代行します!」と言われたことはありませんか?
実は、火災保険の申請をすることができるのは保険に加入したご本人様のみです。なので、「全部代行する」と言ってくる業者には注意が必要です。
※事項状況や保険会社の調査レベルに差があります。
※保険会社によって補償される内容が異なります。
※「風災20万円以上から」と記載されている契約は、損害が20万円以上からであれば補償されますが、仮に修理内容が18万円だった場合は補償されません。保険会社問い合わせ時に確認して下さい。

雨どい修理・交換のタイミングとは?また、修理できるのはどんな場合?

  • 保険金請求書・・・ご自身
  • 事故状況説明書・・・ご自身
  • 修理費用の見積もり書・・・修理会社
  • 損害箇所の写真・・・ご自身か修理会社のいづれか
修理にかかる費用の見積もり書は、現地調査を行った修理会社に書いてもらいましょう。損害箇所の写真については、できる範囲であればご自身で撮影しても構いませんが、高い位置にあったり屋根の上に登ったりする必要もあり危険ですし、修理会社は撮影にも慣れているので依頼してしまうのが間違いないでしょう。